作品を絞り込む

媒体/サイズ

業界・業種

デザインテイスト
配色
ニーズ
フリーワード

特集記事・詳細

写真撮影はプロのカメラマンに依頼するべきか?

広告制作において、写真は非常に重要な要素です。

商品イメージに関わるばかりでなく、レスポンス率にも大きく影響します。

 

広告制作の現場ではプロのカメラマンに依頼するのが一般的です。

しかしデジタルカメラの発展により、誰でも気軽にキレイに写真を撮ることができるようになり

「カメラマンには依頼しない」という事例も増えてきました。

 

しかし、こうした写真は商品の魅力を十分に表現できないことも多く、

売上げに悪影響を及ぼしかねません。

 

例えば、下記の二つの写真は、どちらが良いと思いますか?

 

 

 

 

 

 

 

カメラマンではない弊社スタッフが撮った右の写真は、全体的にぼやけていて暗い印象です。

一方、左のカメラマンが撮った写真は、明るく清潔感がある写真ですよね。

もし、広告・販促ツールにどちらを載せるか決めるなら、断然左を選ぶでしょう。

 

このように知識と経験を備えたプロのカメラマンが撮影した写真は

適切な構図や照明効果により、商品の魅力を最大限に引き出し、

美しく見せることができます。 これまでプロのカメラマンに依頼せずに定期的に

広告制作を行っているとすれば、それは非常にもったいないとも言えます。

一度、プロのカメラマンに依頼し、企業、商品、サービスなど、

広告の目的に合わせたオリジナルの写真を撮影してみることをオススメします。

商品写真のクオリティを上げることで、集客、売上げは大幅に伸びるはずです。